社内恋愛 成功率を上げる 女性からの告白方法

スポンサーリンク

社内の男性に片思いした方が、行動を躊躇してしまう理由の一つに
「彼に告白して断られてしまった時は…?」と
成功しなかった時のリスクを考えてしまうからではないでしょうか。

 

利害関係が全くない彼ならば、後先考えずに行動出来るかもしれないけれど、社内だと話は別。
もし告白して失敗した時に、関係がぎくしゃくしてしまい、仕事もやりづらくなってしまったらどうしよう…と考えるのは当然のこと。
二人がぎくしゃくしていると、周りもその雰囲気に気がついて気を使い始めるかもしれません。

 

「関係がぎくしゃくし、会社に行くのも憂鬱になりそうな状況に陥るのであれば、気持ちを打ち明けず今のままでいいかな…」
社内恋愛中の女性の多くが、こうして素直な気持ちを内に秘めています。

 

しかし、結婚したカップルへのアンケートで「交際のきっかけは何ですか?」という質問に対する回答で、必ず上位に「社内恋愛」が入っています。
あなたは知らないだけで、あなたの会社にも何組ものカップルが密かに恋愛を育んでいるかもしれません。

 

そして、確実に言えるのは、”同じ会社の人”から”恋人”になるには、必ずどちらかが行動を起こしたということ。

 

実は社内恋愛ほど、女性から行動するケースが多いのをご存知ですか?
女性も社会進出し、男女平等と言われる時代ですが、それでもやはり女性より男性の方が社会的立場を重んじる傾向が強いと言われています。

 

男性から社内の女性に告白して、それがもし失敗に終わったら…
ぎくしゃくした関係になり、それが噂にでもなってしまったら仕事はやりづらくなります。
仕事上の立場を最優先に考える男性にとっての告白は、かなりのリスクに感じられるはずです。

 

そのため、いい雰囲気になったところで告白するのは女性から…というのが、社内恋愛の一般的なはじまりのようです。
今、社内の男性に片思いをしているあなたに、成功に導く女性からの告白ポイントをご紹介します。

 

失敗しない女性からの告白

 

ストレートに。素直に。

例え同じ会社の女性であっても、告白されて嬉しくない男性はいないはず。
女性らしく柔らかく、そして素直に気持ちを伝えてみましょう。
下手な小細工や彼を試すような方法をとるのは逆効果です。
チャンスが来たらストレートにぶつかっていきましょう。

 

 

尊敬の念を伝える

職場の男性に惹かれる女性の殆どが、彼に惹かれた理由としてあげるのがコレ。

 

「仕事をしている姿が魅力的」
職場でモテる男性は、基本的に仕事がデキる人が多いのです。
バリバリと仕事をして、頼りがいがあったら、女性は惹かれるのも当然です。
そんな彼を好きになったら、彼を尊敬していることを伝えましょう。

 

「いつも尊敬しています」「憧れています」等。
ちょっとした会話に加えるだけで、あなたが彼に好意を抱いていることは伝わります。
そして仕事で誉められたら彼だって嬉しいですよね。

 

誉め言葉をきっかけに急接近したカップルも数知れず。
「好きです」と言うのはすごく勇気がいることですが、「尊敬してます」ならさり気なく言えますよね?

 

 

ストライクゾーン

忙しい男性ほど、職場恋愛にはまりやすいと言われています。

 

仕事が忙しく、自宅と職場の往復。たまの予定は職場の上司や同僚との付き合い。
恋愛に発展するような出会いがないことを悩んでいる男性は少なくありません。

 

そして、男性は女性を選ぶ時のストライクゾーンが女性より広いと言われています。
特に最近は「草食男子」という言葉があるように、自分から女性に告白しないという男性は増えています。

 

それはどういうことかというと、女性からのアプローチを待っているということ。
彼にとって、あなたが明らかにストライクゾーンから外れているのであれば、仕方がないことですが、大抵の場合、女性からの告白で男性は付き合いはじめます。

 

 

ネチネチしない

何度もしつこく迫るようなことは逆効果です。
同じ職場の男性なので、あなたが彼に好意を抱いていることが他の人にも解るような態度もいけません。

 

男性は社会的地位、職場での立場を重んじる人が多いので、立場をわきまえられない女性だと判断されたら終わりです。
告白する時は、さらっとです。ネチネチしてはいけませんよ。

 

以上、女性から告白する時のポイントをご紹介しました。

 

あなたの恋が成功することを祈っています。

スポンサーリンク

関連記事一覧