社内恋愛のメリット・デメリットで片思いを考えてみる

スポンサーリンク

結婚したカップルに「出会いのきっかけ」を聞いてみると、必ず上位にあげられる社内恋愛。
毎日顔を合わせる職場だからこそ恋愛に発展しやすいものの、やはりメリットもデメリットもあります。

 

 

社内恋愛のメリット

 

共通の話題

同じ職場に勤めていることで、すでに仕事が共通の話題になる二人。
特に仕事上で悩んでいる時には、同じ職場でないと出来ないような的確なアドバイスをしあえるのも嬉しいですね。
職場が違うと、どんなに言葉で説明しても伝わらないこともあるのですが、同じ職場だと理解し合える充実感がありますね。

 

毎日会える

なんと言っても最大のメリットがこの毎日会えること。
約束をしなくても職場に行けば彼がいるというのは嬉しいですね。
それに、お互いの仕事の状況で一緒に帰ることも出来るのでデートしやすいのは嬉しいところ。

 

浮気防止

同じ職場である以上、彼が合コンに行ったらすぐに耳に入ってきます。
その為別の職場で働いているカップルより、自重するでしょう。
同じ職場に恋人がいるというだけで、浮気防止になります。

 

彼の仕事に対する姿勢が見える

別の職場だと想像でしかない仕事をしている姿を間近に見ることが出来るのは同じ職場だからこそ。
彼の仕事に対する姿勢を感じることが出来るのは、彼への信頼を増すことにつながります。

 

将来像がイメージしやすい

彼の職場でのポジションや仕事への意識や姿勢を近くで見ていることで、二人の将来像がイメージしやすいのではないでしょうか。
社内恋愛から結婚に至るカップルが多いのは、交際している時期に将来へのイメージが具体化しやすいからかもしれません。

 

 

社内恋愛のデメリット

不仲時

二人の仲がうまくいっている時はいいのですが、喧嘩をしたり、ぎくしゃくした関係になった時には、毎日顔を合わせることが苦痛になる方もいるようです。
同じ職場で同じ仕事をしている関係の場合、仕事は仕事で割り切りが必要。
そうは言っても仕事と割り切るのもかなりのパワーがいるのかもしれません。

 

別れ

二人が交際し、何らかの理由で別れた時にも社内であることはデメリットになります。
二人の関係が社内にばれていたのであれば尚更。
別れたことも噂になってしまい、しばらくの間は精神的にストレスになるかもしれません。
別れを乗り越えてお互いに別々の人生を歩み始めても、別れた彼に恋人が出来たり結婚するなどの噂は必ず耳に入ります。
かつての恋人のその後の幸せを願える自分になっていればいいのですが、まだ別れを引きずっている方の場合は、かなり辛い気持ちになるようです。

 

嫉妬

職場では、お互いが他の異性と仕事や話しをする場面を目にするので、嫉妬から喧嘩に至ることもあります。
殆どのカップルの場合、恋人同士であることを職場ではひた隠しにしているため、切ない場面も多々あるようです。

 

 

おわりに

異性と出会う確率が高い職場ですか、恋愛にはメリットもデメリットもあります。
同じ職場だから絆が深まりやすい点もある一方、お互いに気遣いが必要な点も多々あります。
どちらにして、社内恋愛ではメリットもデメリットも二人で乗り越えることで愛が深まるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事一覧