社内恋愛を楽しむための注意事項

スポンサーリンク

社会に出たばかりの頃は、誰もが仕事を覚えることで精いっぱい。
ある程度仕事にも職場にも慣れ始めたころに、多くの女性が感じるのが「出会いがない」ということ。

 

学生時代には、サークルやアルバイト、グループ交際など、出会いが多かった方も、仕事を始めるとプライベートを楽しむ時間は限られてしまいます。

 

働き始めたばかりの頃は、別の職場に勤めるかつての仲間たちと集まる機会があったけれど、それもめっきり減ってきて…。
家と職場の往復で終わってしまう…と嘆いている女性は非常に多いのです。

 

その為、社会に出たばかりの頃は
「同じ会社の人と付き合うなんて考えたこともない」と、社内恋愛に否定的だった女性も、歳を重ねるごとに「社内恋愛はアリ」に変わる方が多いそうです。

 

確かに、プレッシャーのかかる仕事をこなし忙しい日々を送っている方であれば、尚更「異性と接する機会は職場だけ」になって当然です。
おのずと恋愛関係に発展するカップルが現れるのも頷けますよね。

 

そんな社内恋愛に前向きに方のために「社内恋愛を楽しむための注意事項」をまとめてみました。
これから社内恋愛をするかもしれない人も、すでに社内恋愛中の方も、是非参考にしてみてくださいね。

 

 

八方美人はしない

職場の男性を異性として意識しすぎてしまい、全ての人にいい顔を見せる八方美人はNGです。

 

「みんなに好かれたら誰かしらと恋愛出来るかもしれない」

 

こんな気持ちから八方美人になるのかもしれませんが、思わせぶりな態度や誤解を招く態度はよくありません。
同姓である女性たちからの反感を買ってしまうことにもなり兼ねません。

 

社内恋愛では、同僚からの評判も恋愛する上での重要なポイントです。
明らかにオンナを出し過ぎるのは危険です。

 

 

他言しない

社内の男性にアタックされたり、恋愛関係に発展した場合、社内の人には他言しないようにしましょう。
職場で公の関係になると、周りの人たちに気を使わせるだけでなく、万が一別れた時に辛い思いをします。
男性を選ぶ時にも口が軽く、二人の関係をべらべら話ししてしまうような人は要注意ですよ。

 

 

焼きもちはほどほどに

彼が他の女性と話をする場面を目にする機会が多いのが職場恋愛の辛いところ。
焼きもちやきだと自負している方であっても、あまりにも過剰に反応するのは避けたいもの。

 

職場で他の異性と話をするのは、業務上仕方がないこと。
それを承知で好きになったのですから、嫉妬するより信頼する方向に頭を切り変えていきましょう。

 

 

公私混同しない

片思い中であっても、すでに恋人同士であっても、恋愛はプライベートなこと。
彼との間で起こったことで落ち込んでいたとしても、それを職場では悟られないようにしましょう。

 

彼のことで仕事に集中出来ず大きなミスをしてしまっては大変です。
あくまでも仕事は仕事、プライベートはプライベートです。

 

社内恋愛の場合、恋人が職場にいるので、公私混同が思いのほか難しいようです。

 

 

おわりに

いかがですか?
社内恋愛のキーワードは「割り切り」
職場である以上、そこにオンナは必要ありません。

 

また仮に交際が始まっても恋人であることを公にすることは避けたいもの。
職場は「仕事をするために行く場所」です。これを肝に銘じてください。
公私混同しないように気をつけながら社内恋愛を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

関連記事一覧