社内恋愛がばれて異動?転勤?懲戒解雇? そんな危機を防ぐ

スポンサーリンク

社内恋愛をしているカップルは、仕事をしている姿もお互いに見ることが出来ます。
「これまで全くタイプでなかった彼の仕事をしている姿勢に惹かれて好きになった」

 

社内恋愛をしている女性の多くが、仕事の出来る男性に魅力を感じて恋愛へと発展しています。
社内恋愛は、プライベートとは異なる仕事の部分を見ることが出来るので、表面的というより、彼の人間性を知った上で好きになっていく人が多いようです。
しかも、何かとリスクのある社内恋愛に身を投じるのですから、強い覚悟をもって恋愛をスタートさせている方は少なくありません。

 

会社によっては、社則で「社内恋愛を禁ずる」と鉄則を設けているところも少なくありません。
職場に恋愛感情を持ちこまれると、それが本人たちの業務効率だけでなく、職場全体のチームワークを乱す可能性があるからです。

 

「社内恋愛禁止」としている会社でも、実際に社内恋愛がばれても、同じ仕事につかなければいいだろうと大目に見てもらっているカップルもいれば、どちらかが異動や転勤、最悪は懲戒解雇を申し渡されることもあります。
特に、社内恋愛の中でも不倫関係の場合はかなり厳しい処分が下されます。
大目に見てもらえることは殆どありません。

 

では、社内恋愛で異動や転勤、懲戒解雇という事態を招かないようにするにはどんなことに気をつければいいのでしょか。
社内恋愛がばれないためのアドバイスを5つお伝えします。

 

社内恋愛がばれないようにする

デート場所は細心の注意を払って

会社周辺では、いつ誰の目に触れるかわかりません。
デート場所は細心の注意を払って決めましょう。
まず会社の人が出入りすることがないような立地場所や、個室があるお店を選ぶのがベストです。
出来れば、現地で待ち合わせをして、時間をずらして入店するようにすると尚安全です。

 

 

休暇は同じ日に取らない

社内恋愛が疑われて噂になった時や、万が一ばれた時、上司が調べるのが二人のこれまでの休暇状況です。
常に二人が同じ日程で休暇をとっていたり、同じタイミングで遅刻などしていたら、即座に問題視されてしまいます。

 

女性には生理休暇もありますが、こちらも彼のデートには使用しないことをおススメします。
噂になった時、ばれた時にも事が大きくならないようにするには、寂しいけれど休暇も別々に取るのが安全です。

 

連絡手段に内線は使わない

会社の電話、内線で連絡を取り合うのは危険です。
演技が下手な彼であれば、ぎこちない会話に周りが不信感を抱いてしまうかもしれません。
それに、周りに誰もいないからと安心していたら、誰かが聞いていたなんてこともあるはずです。
念には念を入れて。メモなどを渡す時も万が一落としてしまっても大丈夫な内容に留めておくことです。

 

言動に注意する

二人の関係が安定してくればくる程、お互いを名前で呼び合うだけでなく、お互いのことを良く知る関係になります。
深い関係になればなるほど、ついつい言葉に出てしまうもの。
社内で気を抜いた時に、うっかり名前で呼んでしまう、タメ口を聞いてしまう…等から社内恋愛がばれたという方は多いのです。

 

 

おわりに

恋愛は個人の自由です。
「仕事に関係がないのだから、会社が恋愛に口をはさむのはおかしい」
そう思う方もいるでしょうが、会社は仕事をしにいく場所。
お給料をもらっている以上、そこは業務をこなすところです。
故に個人的な恋愛感情を持ちこまないのが鉄則。

 

社内恋愛は、ラブラブであっても態度に出せない辛さがあるかもしれませんが、その壁を二人で乗り越えるのも、社内恋愛の醍醐味なのではないでしょうか。
社内恋愛のリスクを共に超えることで、二人の絆は益々深まりそうですよね。

スポンサーリンク

関連記事一覧