社内恋愛 女性から男性へアプローチ方法

スポンサーリンク
近年、多くの企業で「パワハラ」「セクハラ」と言ったモラルを重視し、社員教育を徹底させています。
その影響もあって、男性が職場の女性を好きになっても、なかなかダイレクトにアプローチすることは難しいのです。

万が一女性との間に誤解やトラブルが起きた場合、仕事や自分の立場に大きな影響を及ぼすため、恋ごころを抱いていても、内に秘めて行動を起こせないのが今の男性なのかもしれません。

そういう意味では、社内恋愛は女性からのアプローチが効果的です。
事実、社内恋愛をしているカップルにアンケートしてみると、半数以上が「女性からのアプローチがきっかけだった」と答えています。

では、具体的にどのようなアプローチをしていけばいいのでしょうか。


ギャップを作る

日頃は男性と肩を並べてバリバリ働いている女性が、飲み会などの席ではうって変わって女性らしく周りへの細かな気配りが出来ている…

こんなギャップを見た時にドキっとして、女性として意識し出す男性は多いようです。
仕事と仕事以外の服装や髪形などを意識して変えてみましょう。


自分が求める男性像を明確にする

社内恋愛では、告白が成功して交際がスタートしてから
「思っていた人と違っていた」
「こんなはずじゃなかった」
と別れてしまうと、その後お互いに仕事がやりづらくなってしまいます。

告白前に十分に彼の勤務態度や周りへの態度や配慮等をよく観察し、ご自分が求める男性像に合っているのかを明確にしておきましょう。


出来る限り言葉を交わす機会を増やす

「おはようございます」等の挨拶も含め、出来る限り一日の中て彼と言葉を交わす機会を増やしましょう。

仕事でも関わりがある彼なら、彼に仕事の相談をしたり、彼の仕事をさり気なくお手伝いするのもいいですよ。
二人が会話をする時間を増やすことで、あなたという存在を彼にアピールすることになります。

職場では、いきなりラブラブモード全開でアピールは出来ませんので、まずは同僚や上司・部下としての関係を今より密にすることです。

会話が増えて親近感が湧いてくると、気軽に話しやすくなるはずです。
そんな時に会社の飲み会やイベントがあったら、さり気なく彼の近くの席を確保してみるといいですね。


共通点を見つける

気軽に話しが出来る仲になったところで、彼との共通点を出来る限りみつけましょう。
スポーツや音楽などの趣味や好みなど、些細なことでも構いません。

共通点を見つけたらそれを彼に話しをしてみましょう。
例えば食べ歩きが好きな彼には「おススメのお店、紹介してください」なんて言ってみるといいかも。
もしかしたら「じゃあ、行ってみる?」なんて話しが持ち上がるかもしれませんよ。

彼を信頼していると態度で示す

親しく話しが出来るようになって、会話が弾むようになったら、今度は彼の得意分野を誉めるのも効果的です。

「凄いですね。」「尊敬しています。」なんて言われてイヤな気持ちになる人はいません。
また、その時に「教えてください」と彼からのアドバイスを求めたり、仕事上の相談を持ちかけるのもいいですね。

アドバイスが欲しいのも、相談が出来るのも、その彼を信頼しているからです。
人は自分のことを信頼してくれている相手には、信頼を裏切らないよう誠意ある態度で接するものです。

それに、相談してくれるということは、なかなか他言しないようなことを自分だけに打ち明けてくれたということ。

あなたが心を開くことで彼の心も開きやすくなります。


社外で会う機会を増やす

相談やアドバイスを貰える仲になったら、今度は社外で会う機会を増やしましょう。
ランチは比較的誘いやすいですが、社内の人の目に触れるので避けたいもの。
「相談に乗ってもらったお礼をしたい」と誘えば、彼も快く受けてくれるのではないでしょうか。


社内恋愛のアプローチは、友達同士のようにラブラブモード全開で突き進む訳にはいきません。
まずは良き同僚として彼と仲良くなることです。
それから少しずつ距離を縮めていきましょう。
スポンサーリンク

関連記事一覧