社内恋愛 二股や三角関係に巻き込まれた時の対処法

スポンサーリンク

誰だって恋をしたら相思相愛を求めるはずです。
お互いを必要とし、二人だけの恋愛関係を築いていく…。
しかし、好きになった人が必ずしも一人身とは限りません。

 

未婚者であっても恋人がいる男性と交際した場合、三角関係になってしまいます。
彼が同じ職場の社内恋愛なら、ただでさえリスクのある社内恋愛にプラス三角関係が加わり、より複雑な関係になります。

 

三角関係であっても、付き合い始めた当初は「恋愛をしていること」だけに満足して、気持ちがウキウキします。
しかし、彼に対して気持ちが入れば入るほど、
「彼が好きなのは私だけであってほしい」と望むようになります。
これは、ごくごく自然の気持ちで、「自分だけを愛してほしい」と思うのは当然のことでしょう。

 

二人でいる時は、気持ちが満たされていても、離れている時間に彼が別の女性と過ごしていると考えただけで気持ちが揺れ、寂しさや虚しさ、時には怒りすら覚えるものです。
そんな気持ちに耐えられなくなると、彼に気持ちをぶつけてしまうなんてこともあるはずです。

 

彼が二股をかけている場合、二人と付き合いながらどちらが本気で好きなのかを迷っている場合も多く、どちらかと言えば優柔不断なタイプの男性が二股恋愛をします。
もしくは恋愛イコール遊びと割り切っているタイプかのどちらかです。
彼が二股をかけている場合は、このどちらのタイプなのかを見極めることが大切です。

 

二股を承知で付き合っている女性もいるようですが、社内恋愛の場合、三人が傷つくだけでは終わりません。
仕事にも必ず支障が出てしまい、社内の立場も悪くなってしまうかもしれません。

 

二股の相手の女性も社内なら、もっとも複雑であり、問題を大きくします。
三人で話し合う機会が持てるのであれば、きっちり話しあって三人の中の二人を明確にしましょう。

 

恋愛関係において、二股や三角関係が長く続くわけがありません。
必ず誰かが「限界」を感じて、行動を起こすはずです。
しかし、もし二股をかけられても彼が好きなのであれば、彼を問い詰めるのは逆効果です。

 

「あの人と私とどっちが好きなの?! はっきりしてよ」
彼にこんな風に問い詰めたら、彼の気持ちが離れてしまう可能性が高くなります。
優柔不断で三角関係を続けるタイプの男性は、どちらも好きだと思っています。
しかし、実際はどちらも好きになり切れていないとも言えるのです。

 

つまり、三角関係で別の女性と戦うには、「どちらが好き?」と彼に問い詰めるのではなく、自分を好きにさせたほうが勝者になれるというわけです。

 

彼にとって都合のいい三角関係を終わらせるためには、あなた自身がその土表から降りるか、もしくは彼にとって「他には変えられない唯一の女性」になればいいのです。

 

 

第三者に相談する

三角関係のトライアングルの中にいると、次第に何が良くて、何がいけないのか、自分がどうしたいのもわからなくなりがち。
三人のことだけに意識がいって、ある意味ムキになってしまう人もいます。
しかし、ムキになっても何もいいことはありません。

 

今の自分は少しムキになっていると感じたら、是非第三者の意見を聞いてみてください。
第三者だからこそ、冷静に判断でき何か気づきとなるアドバイスをくれるかもしれません。
あなた自身が冷静さを取り戻すためにも、第三者との会話は有効です。

 

身近に相談する人がいないという方は、あらゆる悩みの相談を受けている占いを利用してみるといいかもしれません。
ご自分の都合のいい時間に、都合のいい場所から利用できるので便利ですよ。

 

何も関わりのない占い師だからこそ、本音で語り合えたりします。
素直な気持ちをぶつけてみてはいかがですか。

スポンサーリンク

関連記事一覧