社内恋愛 別れた後立ち直る過ごし方

スポンサーリンク

社内恋愛の最大のメリットと言えば、約束をしなくても毎日会えること。
しかし、もし二人が別れた時には、この毎日会えるというのが最大のデメリットになります。

 

恋人との別れは、どんな関係であっても辛いものですが、社内恋愛の場合は、そんな私情を仕事に持ち込めないのが、また辛いもの。

 

別れの辛さから傍からみても「何かあった?」と声をかけたくなるような落ち込み方をしては職場の雰囲気を悪くしてしまいます。
別れた彼とも妙にぎこちない対応をしていると、周りから怪しまれます。

 

社内恋愛の別れは、仕事は仕事と割り切って彼に接していきたいもの。
変に彼を避けたり、無視をするなどの行動は事態を悪化させてしまいます。
例え彼の態度がぎこちなく、明らかにあなたを避けていたとしても、あなた自身は毅然と職務を果たすのみ。

 

そうは言っても、これがなかなか難しいですよね?

 

今回は、社内恋愛で別れた後、どのように過ごせばいいのかをまとめてみます。

 

 

別れた後の過ごし方

 

仕事上の付き合いはきっちりこなす

元恋人であっても、職場の仲間であることに変わりはありません。
仕事は仕事と割り切って彼と接しましょう。

 

別れた当初は、彼と接することに違和感を感じてしまうかもしれませんが、時間が経てばそれも慣れていくはずです。
仕事上の付き合いは、仕事としてきっちりこなしていきましょう。

 

別れた彼の愚痴をこぼさない

別れたからと言って、これまで二人の関係を知らなかった同僚に彼との別れを打ち明けたり、彼の愚痴をこぼすことは厳禁です。

 

同僚である彼の評判を落とすようなことは、決してしてはいけません。
社内という限られた空間では、噂が広まるのはあっと言う間です。

 

余計なことは言わないに限ります。

 

職場でプライベートの話しをしない

別れた後
話しが廻り廻って元彼の耳に入ることもあるでしょう。

 

別れた恋人であっても、お互いのその後を知らないほうがいいこともあります。
彼のプライベートを詮索しないことは勿論ですが、自分のプライベートも職場には持ち込まないようにしましょう。

 

社内恋愛で別れた彼と毎日顔を合わせるのは、心苦しいものですよね。
しかし、それが社内の同僚に知れ渡ってしまったとしたら…?

 

周りから同情的な目で見られたり、噂を立てられてしまい、益々苦しい時間になってしまうかもしれません。

 

社内恋愛で別れた後、元彼と一緒の職場に通うことが辛くて異動願いを出したり、転職をする女性も少なくありません。
しかし、そもそも異動や転職の理由は「仕事のスキルアップ」であるべきもの。

 

恋愛を理由に仕事を変えるのは、後々後悔することにもなり兼ねません。
これまで築いてきた仕事のスキルを無駄にすることなく、しばらくは様子を見てみましょう。

 

異動や転職は最終的な手段だと考えて。
本気で異動や転職をしようと思ったらいつでも決断できると思ってください。

 

何よりもあなた自身が私情にぶれないこと。
別れた彼がいる職場では、完璧に仕事と割り切って毅然とした態度で対応するのが一番です。

 

時間の経過とともに、お互いが「いい思い出」と振り返られるような職場の人間関係に戻れるといいですね。

スポンサーリンク

関連記事一覧