社内恋愛で結婚したおかげで理解できること

スポンサーリンク

学生時代や社会に出たばかりの人は
「社内恋愛なんて考えられない」と、社内恋愛に否定的な人が多いそうです。
しかし、歳を重ねるごとに「社内恋愛もありかも?」と肯定的な人が増えるとか。

 

学生時代に付き合い始めた彼と、そのままゴールインするカップルもいますが、多くは別れを経験します。
社会にでると、お互いの環境が変わりますし、相手に求めるものも変わっていきます。

 

それまで「一緒にいて楽しい」だけでよかったのに、”結婚”を意識しはじめる頃から変わってくる。
男性の生活力や将来性など、”一緒に暮らせる人”かどうかが大きなポイントになります。

 

 

恋人同士であっても、彼がどんな風に仕事に取り組んでいるのか。
どんな姿勢で日々過ごしているのか…。
職場が違うとそれを見ることはできません。

 

その点同じ職場だと、彼の仕事の姿を日々見ることができます。
仕事に向かう姿勢が誠実で尊敬できれば、それが恋愛感情に変わっても不思議はありませんね。

 

企業の中には、チームワークを乱したり、業務に支障を与えるとして「社内恋愛禁止」を社則にしているところもあります。
しかし、中には「社内恋愛推奨」を唱えている企業もあります。

 

時代は変わっても、結婚したカップルのきっかけに必ず入っている社内恋愛。
恋愛に於いても、結婚した後も、それだけ社内恋愛にはメリットがあるはずです。

 

では、社内恋愛にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

 

社内恋愛から結婚 そのメリット

仕事への理解が得やすい

女性が結婚を機に退職したにしても、同じ職場だったため、社風を理解しています。
残業や仕事上の付き合いなどにも理解が得やすいのが最大のメリットでしょう。
知らないからとあれこれ想像して焼きもちを焼くことがなくなりますね。

 

 

本質を知る

どんな人であっても仕事の顔とプライベートの顔は違います。
プライベートでは、みんなのムードメーカーで幹事などを率先して引き受ける彼が、必ずしも仕事でも頼りにされているとは限りません。
仕事では、その人の本質を知ることが出来ます。

 

社内恋愛は、本質を知った上で恋愛に発展することが殆どなので、そのまま結婚に至るケースが多いのもうなずけますね。
社内恋愛で結婚したカップルに話しを聞くと、「こんなはずじゃなかったと思うことが少ない」と言います。
それだけお互いの本質を見せあって結婚するというのは、何よりも強みですよね。

 

 

浮気の心配が少ない

誰かが合コンに行けば自然と耳に入ってきます。
同じ社内であれば、浮気なんてしたらすぐにばれてしまうはず。

 

仮に女性が退職したとしても、元同期や同僚から情報は入るでしょう。
それだけ社内恋愛には浮気の心配が少ないと言えます。

 

 

家事分担

結婚して家事や子育てをするにしても、お互いの仕事のスケジュールが把握しやすいので、スムーズな分担が出来るでしょう。
二人の協力体制がばっちりできそうですよね。

 

 

公私混同しない

社内恋愛中も、結婚して夫婦になった後も、仕事中には公私混同することは避けたいもの。
メリハリをきっちりしないと同じ職場にいることが出来なくなります。

 

公私混同しないことで、二人の時間や家庭での彼の姿をより大切で愛おしく感じることが出来るでしょう。
誰も知らない彼のプライベートな顔を知っているということも、喜びの一つになるかもしれませんね。

 

 

おわりに

いかがですか?
社内恋愛には多くのメリットがあります。
今、結婚や出産をしても働き続ける女性は増えています。
その際、彼と同じ職場であれば、お互いに仕事に対する理解が得られるため、あなたが仕事で忙しい時には、家事や子育てなどを頼みやすいし、彼も心よく協力してくれるようです。

 

現在社内恋愛を考えている方も、結婚を考えはじめている方も、是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事一覧