社内の男性からアプローチされた時のリアクション

スポンサーリンク

社内の男性からアプローチされた場合、嬉しい人からのアプローチであればいいのですが、時には困ってしまう人もいますよね。

 

同じ会社で働いているということで、断る時にもあからさまな言い方は出来ません。
そうは言っても、感じよく対応していたら誤解される可能性もあります。

 

イヤな顔をしてきっぱり断るのも、相手の調子に合わせて遠まわしに断るのも、トラブルの原因になってしまうことも考えられます。

 

社内恋愛の多くは、男女共にある程度の時間をかけて相手を好きになるという特徴があります。

 

利害関係があるため、思いつきや勢いで行動出来る程勇気がある人はなかなかいません。

 

その為、あなたにアプローチしてくる男性の気持ちには、あなた自身も少し気がついていたのかもしれません。

 

本来であれば、アプローチされる前に一線を引いておくといいのですが、不意打ちにアプローチされた時には、どうしたらいいのかわからなくて困ってしまいますよね。

 

 

YESの場合

あなたが好意を抱いていた彼からのアプローチであれば、何の問題もなくYESが言えますね。
あまりに嬉しくて舞い上がってしまって、会社内で噂にならないように注意してくださいね。
社内恋愛は公私混同しないのが鉄則です。

 

また、もしアプローチしてきた人が既婚者の場合は別ですよ。YESするつもりなら、それ相応の覚悟が必要です。
断る理由は、彼が既婚者だからではなく、自分側に理由がある言い方にしましょう。

 

一般的に「付き合っている人がいる(恋人がいる)」と言えば、既婚者はそれ以上踏みこめないはずです。
YESを出す時は、飛び込む覚悟があるかをしっかり考えてから応えを出しましょう。

 

不倫は普通の恋愛ではありません。
相手には家庭がある。
だからこそ魅力的に感じているのかもしれません。

 

下手をすると”都合のいい女”で、大切な独身時代を何年も棒に振ってしまったなんてことにもなり兼ねません。

 

ましてや万が一不倫がばれた時には、会社もそれ相応の処分を下すことになるでしょう。
自分だけでなく、人の人生も変えてしまうかもしれない…

 

それが不倫というものです。
火遊び気分で飛び込んだら大やけどしますよ。

 

 

NOの場合

大切なのは決して思わせぶりな態度をとらないこと。
変に誤解されてしまっては、後々仕事上にも支障が出来ます。
「他に好きな人がいる」「恋人がいる」という自分側の理由でお断りしてみるのが一番無難なのではないでしょうか。

 

ただし、そう言っても彼が強引に迫ってくる場合は要注意です。
会社の人なので、態度には出さずにさり気なく距離を置くこと。

 

過剰反応して、明らかに避けてしまうと彼を刺激してしまうかもしれません。
こういったケースでは、彼の気持ちの整理がつくまでの間は、精神的に緊張する場面もあると思いますが、とにかく無難にやり過ごしましょう。

 

 

相手が引き下がらず自分ではどうしたらいいかわからない時には、第三者の信用出来る誰かに相談してみるのもいいかもしれません。
ただし、社内の人に相談すると、どこでどう噂が広まるかわかりません。

 

万が一噂になってしまった時には、あなただけでなく、彼の立場を悪くする可能性もあります。
仕事で窮地に追い込まれたと感じて恨まれた…なんてことにならないようにしたいもの。

 

近くに話しが出来る人がいない時は、全く利害関係がない占い師に相談してみるといいかもしれません。
多くの恋愛相談を受けている占い師は、本来の占いだけでなく、あなたにぴったり合うアドバイスをくれるはずです。

 

 

社内の男性からアプローチされたら、仕事への影響を考えるのは当然です。
しかし、もしあなたが気に入っている男性でYESと即答出来る人であれば、万々歳ですね。
会社に行くことが楽しみの一つに変わりそう。

 

社内恋愛で注意したいのは、恋愛だけに偏らないこと。
あくまでも公私混同せず、仕事は仕事です。
恋愛をスタートさせたら、これまで以上に仕事もがんばりましょうね。

スポンサーリンク

関連記事一覧