部下・後輩からのアプローチに最適の対応方法

スポンサーリンク

会社で部下や後輩が出来、管理や指導をする立場にたっている女性の活躍が目立つ近年。
後輩や部下から女性としてのアプローチがあった時、立場が上であることが邪魔に感じることはありませんか?
特に社会に出ると尚更。
管理者でありながら女性でもあるあなた。
彼のアプローチを受けるにしても、断るにしても難しいところ。

 

 

男は認められたい生き物

女性が上司(先輩)で男性が部下(後輩)という組み合わせで恋愛に発展するのに不可欠なこと。
それは”女性が男性を認めている”ということ。
女性がそれなりの能力や立場を備えると、そもそも自分より優れている男性を選ぼうとするのが一般的ですね。

 

あなたがもし彼のアプローチを受け入れ、恋愛関係に発展させようと思うのであれば、彼の仕事も人柄も認めていることをきちんと伝えるといいでしょう。
上司と付き合える喜びに舞い上がるだけでなく、仕事上でも自信をつけて彼が成長するきっかけになるかもしれません。
そうなれば、確実に”あげまん”ですね。

 

また、アプローチを断る場合も言葉を選ぶ必要があります。
断った後も上司と部下という関係は続いていくのですから、失恋の痛手と気まずさでお互いに仕事に支障が出てしまうようでは困ります。
まずは彼の仕事上のがんばりを誉めて認めましょう。
その上で「今は仕事以外は考えられない」等、恋愛そのものが対象外であると伝えることで穏便にお断りすることが出来ます。

 

 

プライドを傷つけない

上司と部下、先輩と後輩という関係だと、明らかに収入や立場の差があります。
男性は本能的に女性より優れていたいと思っています。

 

自分が女性を引っ張り、頼られる存在でいたいという気持ちが働いています。
その為、彼のプライドを傷つけるようなことを言うのは厳禁です。

 

例えば、他の社員の前で仕事上のミスを叱る。
明らかに自分は彼より収入が多いというようなことを話す…等は、明らかにプライドを傷つけてしまいます。

 

あなたが彼を受け入れるのであれば、次のように考えてみてはいかがでしょうか。
部下や後輩である限り、あなたより立場も収入も低くて当然。
彼の成長を見守る大らかさが、彼を社会的にも立派な男性に育てるかもしれませんよ。

 

また、断る時にも収入や立場を理由にしないほうが無難です。
「私はあなたのような人では釣り合わない」と受け取られてしまうかもしれません。

 

 

公私混同しない

部下(後輩)からのアプローチを受けたとしても、それを仕事に持ち込むのはやめましょう。
周りから「あの二人何かあったのかな」と勘繰られてしまっては、仕事がやりづらくなります。

 

付き合うにしても、断るにしても、それはあくまでプライベートなこと。
仕事は仕事として感情移入しないように気をつけてください。

 

これは、アプローチに対する返事をする時に彼にも伝えておくといいかもしれませんね。

 

 

社内の人間に話さない

部下(後輩)からのアプローチを受けたこと、その結果交際をスタートさせたor断った等を社内の人に話しをしないようにしましょう。

 

どこでどう噂が広まるかわかりませんし、噂次第では、彼の立場を悪くさせます。
交際するにしても、断るにしても、彼の今後のことを踏まえた行動を心がけましょう。
もし相談したい時には、社外の人に限ります。

 

また、立場上近くに相談出来る人がいないという方には、占いをおススメします。

 

男性からのアプローチに悩む女性から様々なケースの相談を受けている占い師は、的確なアドバイスをしてくれるはずです。
時間がない方でも、わざわざ出向かなくても自分の都合のよい時間に占ってもらえます。
彼に答えを出す前に、一度相談してみてはいかがですか。

スポンサーリンク

関連記事一覧